2022年10月 5日 (水)

天文ガイド11月号に入選

今更ですが、自撮りシリーズの瑞牆山大ヤスリ岩の写真を投稿していました。

Photo_20221005182001

いくつかある自撮り写真の中で、最も思い入れのある写真です。今年いっぱいでこのシリーズをお終いにするに当たり、この作品を世に出しておきたかったので、これで心置きなく引退できます。

 

折角ですので、ここで種明かしをしたいと思います。

まず撮影出来た素の写真です。
Simple

はい、真っ黒けです。満月ですし輝度差が激しいのでこうなります。

次に、これにインターバル100秒の連続写真をブレンドしました。
Photo_20221005173201

なんか低い所から月が昇って来る様子は分かりますが、いまいち何?です。

さらに撮影翌日のカメラ回収時に撮った岩場の景色をブレンドしました。
Supermoon-in

これでやっと、どういうことか理解出来ます。

 

 

実際に撮影した岩場の景色。
Photo_20221005174001

夜ですので違和感を軽減するために暗く加工してブレンドしました。
2_20221005174201

 

 

因みに、月明りで撮った岩場の写真がこちら。
Img_7804_20221005174801
ISO1600 40秒

赤っぽく写ったのは、空にモヤが有ったせいかもしれません。
この時、私の肉眼では花崗岩の白い筋がほんのり確認出来ました。

自撮り活動最後の2022年は色々あがきましたが、天気に恵まれず今の所ボウズです。つい最近の9月30日は甲斐駒ヶ岳山頂に沈む太陽とツーショットを計画して山小屋にも予約していましたが、別の山で膝を故障してしまい諦めました。(結果的には曇ったのですが)

そう言う訳で、今回の入選は誠にありがたくいい手向けになりました。
天文ガイドさんに感謝です。


 

 

 

2022年9月10日 (土)

ひまわりと中秋の名月 ー夏の終わりー

ベタなテーマですが・・・

Natunoowari
カメラ:CanonEOS 60Da
撮影時刻:2022/09/10 03:31
レンズ:シグマ 対角魚眼15㎜F3.2(F2.8)
露出時間:1秒×1枚 
感度:ISO1600
撮影場所:山梨県北杜市明野町
CameraRawで現像 PhotoShopで画質調整

うなだれたひまわりを中秋の名月が照らしていました。
と言うのは嘘で、ヘッドランプの明かりで照らしています。

 

本当はもっといい案配にくたびれたひまわり畑を撮る予定でしたが、
現地に行ったらいつの間にか刈り取られていました(涙)

Karitori_filtered

街明かりは韮崎方面です。

 

2022年8月31日 (水)

星空写真展終了しました。

みずがき湖ビジターセンターで開催されていた星空写真展は8月28日で終了しました。コロナで3年ぶりの開催でした。皆さん腕を上げられて見ごたえある作品揃いでした。全員の作品を紹介したいところですが、片付けも終わり回収された後でしたので、各カテゴリーの人気ナンバーワンだけサラッとご紹介します。

まず、星景写真部門ではさくちゃんの『星に願いを』。カノープスの日周運動は光跡を優しくした演出で、アートの様な作品です。色彩もきれいですね。因みに一番目のいいねシールは小生が張り付けました。

Photo_20220831165801

2_20220831165801

 

天体写真部門では北杜市天文愛好会会長のこうちゃんさんの作品。『NGC2841 おおぐま座』。鮮やかな銀河が目を引き付けます。さすが深宇宙のエキスパートらしい作品ですね。最近PixInsightを特訓しているとのことで、さらなる進化の期待が高まります。

Photo_20220831170401

2_20220831170401

 

自撮り部門は私の作品でした。このカテゴリーは一人しかいないので当たり前か(^^;
自撮り写真は今年で店じまいです。来年からはカタギになってまじめに天体写真に取り組もうと思います。

Mi

 

反射して写真がうまく撮れず見苦しくなってしまいました。ご容赦を。偏光フィルターを使えばよかったのかな。持っていないのでどのみち撮れませんでしたけど。

年々星が撮れる機会が減って来ていますが、めげずに来年もいい作品を持ち寄れたらいいですね。

 

 

 

 

2022年8月30日 (火)

八ヶ岳の稜線

清里の八ヶ岳牧場より北の空と八ヶ岳の稜線です。

2_20220831065501
カメラ:CanonEOS 60Da
撮影時刻:2022/08/19 00:50
レンズ:シグマ 対角魚眼15㎜F3.2(F2.8)
露出時間:20秒×8枚 
感度:ISO3200
撮影場所:山梨県北杜市 清里
Stellaイメージ7で現像 PhotoShopで画質調整
Sequatorでコンポジット


下弦の月が高度を上げ雲も出て来たので、空が明るく赤っぽく写ります。

山の向こうの明かりは茅野の街明かりでしょうか。

天の川を撮ったのと同じ場所です。北のロケーションでした。

 

Photo_20220831071801
PhotoPillsより

 

 

2022年8月23日 (火)

続・ヤマナシの木と天の川 撮影計画

『ヤマナシの木と天の川』の撮影計画の詳細です。

計画にはシュミレーションソフトPhotoPillsを使いました。
画像はPhotoPillsから。

撮影場所
3_20220823020301
八ヶ岳の麓、清里高原にある県営八ヶ岳牧場内のハイキングコースで
撮影しました。

 

撮影場所詳細
Photo_20220823020401
道路からは10分ほどの歩きですが、結構な上り坂に感じます。
言うまでもありませんが、柵の中に入らないのはマナーです。

 

PhotoPillsでカメラの画角を表示しました。
Photo_20220823020701

 

撮影時の天の川を重ねます。
Photo_20220823020801
ヤマナシの木と天の川が良い感じに配置されるのが分かります。

 

さらに地上の照明となる月の方向を重ねます。
Photo_20220823021701
左後方から月明りが射すのが分かります。



撮影の結果
Rsuf2986

 

 

余談

八ヶ岳牧場ハイキングコースより
Img_0866
東方向にはこんな形のヤマナシの木もあります。
春昇る天の川を一緒に撮ると絵になるでしょうね。

 

このコースは早朝行くと面白い事があります。牛たちが、エサをくれる牧場の係と間違えて大挙して飛んで来るのですよね。あとたまたまですが、鮮やかな褐色の毛をした立派なテンが上から下りて来て、足元の側溝に入って逃げて行きました。テンて、目がそれほど良くないのでしょうか。近くに来るまでこちらに気づかないようでした。

 

 

 

 

 

 

2022年8月20日 (土)

ヤマナシの木と天の川

8月18日の夜は久しぶりの晴天となりました。かねてから撮りたかった
ロケーションで天の川を撮影して来ました。

Photo_20220820060601
カメラ:CanonEOS 60Da
撮影時刻:2022/08/19 00:17
レンズ:シグマ 対角魚眼15㎜F4(F2.8)
露出時間:20秒×8枚 
感度:ISO3200
撮影場所:山梨県北杜市 清里
Stellaイメージ7で現像 PhotoShopで画質調整
Sequatorでコンポジット

 

日中の様子 5月23日撮影
Img_0903
スマートフォンで撮影 少しトリミングしています。

 

ヤマナシの木は山梨県の県名の由来だそうですが、スマホの画像検索では『マメナシ』となっていました。5月下旬から咲き始めると清里の観光案内所で聞いていたのですが、実際にはその頃には殆ど花が散っていました。

Img_0907

 

あとでF4まで絞り込んでいたのに気が付きました。ちょっと絞り過ぎました。

東の空には下弦の月が高度24度の高さにあって地上を照らしてくれたので、星景写真にはいいタイミングでした。欲を言えば、もう少し早い時間帯だったら天の川中心部が見えていたはずでしたので、ちょっと心残りです。でもまあ撮れたので良かったと思います。1時頃には雲が出て来たので撤収しました。

 

元画像
Img_7589sq

 

Sequatorで8枚のコンポジットですが、元画像は20枚撮影していました。最初20枚コンポジットしたものの地上の色合いがおかしなことになって修正不能でしたので、コンポジット枚数を少なくしたら見れるようになりました。

20枚コンポジットの画像
Photo_20220820063001

お手軽ソフトの限界か処理の仕方に工夫が足りなかったのか、どうなんでしょうか。

 

2022年8月18日 (木)

お盆の月

お盆休日最後の日。夜中にトイレに起きたら晴れていて綺麗な月が望めました。
ごく薄い雲が空全体を覆っていてやや霞がかったような月でしたが、久しぶり
なので挨拶代わりに撮ってみました。

Moon_20220818095001
カメラ:CanonEOS X5(改)
撮影時刻:2022/08/16 02:00
望遠鏡:TOA150 
焦点距離:1100mm F7.3
露出時間:1/400秒×8枚 
感度:ISO400
撮影場所:山梨県北杜市  
Stellaイメージ8でコンポジット PhotoShopで画質調整

解説付き
Photo_20220818102401

気流がかなり乱れていてユラユラしていたので、こんなもんかなと思います。

8月9月の夜空はずーっと曇りそうです。夏の天の川を撮ってみたいロケーションが
あるのですが中々チャンスが無いですね。

スッキリした秋空を待つしかないでしょうか。

 

 

 

 

 

2022年8月11日 (木)

お猿さんの電線渡り

先日、お猿さんが5匹ほど列をなして道路を跨ぐ電線を渡っている所に遭遇しました。

Img_1379-1
右手前から左奥に移動中

動画も撮りました。(ファイルが大きいので短くカット)

クリックで無限ループ
3_20220811214901
見事な足さばき!

左の電柱そばに渡り終わったお猿さんが2匹います。

お猿さん専用の横断歩道橋ですが、車の屋根にものを投げつける
イタズラなお猿もいるので気を付けないと・・・

 

 

2022年8月 8日 (月)

林道歩き

試験勉強で3か月ほど家に籠っていたので、なまった体のリハビリを兼ねて林道歩きをしてきました。あれから約5か月、雪解けの林道脇に倒れていた小鹿の姿です。

 

Img_1316_20220808075801

Img_1317

見事にバラバラの白骨になっていました。森の掃除屋さんは誰だったのでしょうか。

以前の姿
Si_20220808080101

何となく自分の将来を考えてしまいました。

 

林道の奥へと歩を進めて、笹の道が少し開けた場所に差し掛かった時でした。右2mぐらいの距離、羊大の白っぽい大きな塊が視界の端に飛び込んできました。「ん?!何かいる」と思った瞬間、突然その塊がこちらに突進して来ました。思わず「うぉー!」と大声を出してしまいました。りっぱな大人のカモシカでした。すぐ横をすり抜けて森の奥へと姿を消してしまいました。黒っぽい毛が混じっていましたが、全体に銀色のきれいな体毛をしていました。足音を聞いてうずくまっていたようです。

Img_1473

あーびっくりした。あれがもしクマだったら、催涙スプレーを取り出す間もなく一撃で倒されていたことでしょう。この道はたまにクライマーぐらいしか通らないので、自分も小鹿の様に白骨になっていたかも。そんなことは無いか。普段山道を歩くときは、クマよけの鈴は着けていません。鈴の音がうるさくてあまり好きではないのですよね。時々カモシカと睨めっこ出来るのも、鈴を着けていないから。でも、こういうリスクもあるのですね。

さらに奥へと進みます。遊びで堰堤をボルダリングで越えようとしたら、中々体が持ち上がらなくてヒーヒー言ってしまいました。この歳になると、暫らくじっとしていると筋力があっという間に落ちてしまいます。特に体幹の衰えを痛感しました。車に雨具を忘れて、帰りは夕立でずぶ濡れになりました。頭の方も衰えが来ているなぁ。今後は運転席にポストイットを置いて、忘れ物が無いようにしないといけません。

林道歩きの一日でした。

 

2022年8月 6日 (土)

北杜市明野サンフラワーフェス

山梨県はコロナ感染者数が過去最高になっていますが、行動制限要請が出るか出ないか今週末の状況で知事が判断するようです。医療のひっ迫が深刻になっているのが一番の理由です。

サンフラワーフェスは2年ほど開催が中止になっていましたが、野外のイベントなので今回は何とか開催できている感じです。

Img_1381

平日でも結構人出がありますね。

早朝が山の景色も澄んでいて、茅ヶ岳から昇る太陽に照らされたひまわり畑の眺めは中々綺麗です。

北杜市のページへ。

2022年7月28日 (木)

4回目ワクチン 副反応

昨日の午前中に打って1日は何となくダルさがありました。むしろ前日の薪割りの筋肉痛の方が大きかったです。しかし、2日目の今日は何もする気が起きないほど体が重かったです。夕方になってようやく記事を書く気になるまで回復しました。

山梨県の昨日の感染者は過去最高の1294人でした。高齢者なので重症化しない確率が上がるので打てて良かったです。

ゴロゴロ雷がうるさくなっています。停電の準備をしておかないと。

猫様は箱に避難?です。
Img_1301

Img_1303

Img_1306

2022年7月10日 (日)

わし座の惑星状星雲 NGC6781

何か目ぼしい惑星状星雲は無いかと探していたら、わし座にNGC6781を見つけました。見かけの大きさは1.8′で、こと座のリング星雲(2.5′)より小さいですが、撮りやすい惑星状星雲です。距離1500光年彼方に起きた恒星爆発の痕跡です。

New23jpgsharp
カメラ:CanonEOS 60Da
撮影時刻:2022/06/30 01:40
望遠鏡:TOA150 
焦点距離:1100mm F7.3
露出時間:6分×4枚 =24分
感度:ISO1600
撮影場所:山梨県北杜市  
Stellaイメージ8で加算平均コンポジット PhotoShopで画質調整


トリミング
Photo_20220710185401
中心にある青い星が後に残った白色矮星でしょうか。

 

Photo_20220710185901

久しぶりの天体写真でした。

 

 

2022年7月 3日 (日)

ステライメージ8の怪?

最近PCの画面に「記憶領域が足りません」とか「ストレージが不足しています」などの内容のメッセージが現れ、アプリがうまく動かないことがしばしばあり悩んでいました。Cドライブの容量は223GBですが、ひどい時は空き容量が1GBも無い状態でした。外付けHDDにデータを移すなど一般的な処置は色々試しましたが、一向に状態が変わりませんでした。人に聞いても解決が付かず途方に暮れていましたが、ようやく原因を見つけ出しました。

AppDataの中にあったあるフォルダーの容量がなんと109GBもありました。

「OS(C:)」ー「ユーザー」ー「AppData」ー「Loacal」ー「AstroArts」ー「stlimg8」ー「composit」

ステライメージ8の「コンポジット」フォルダーに2017年から現在までのFITSファイルがぎっしり詰まっていました。

このデータを全て削除して問題解決が出来ました。ステライメージの設定か何かで画像ファイルが蓄積されていたのでしょうか?なんかこう言う事には疎いので釈然としないのですが、ひとまずはホッとしました。

 

Img_e1236

これで安心して眠れるニャ

 

2022年6月21日 (火)

八ヶ岳の落日

Img_6905_r

Img_6906_r

「一日の苦労は一日にて足れり」の心境。

 

毎日体が重いのは気候のせいでしょうか。

毎日ラジオ体操をしたほうがいいかも。

あと毎日ヨーグルト。

 

2022年6月 1日 (水)

ちょっと嬉しい出来事

6月に発刊されたKADOKAWAの図鑑『星と星座』に大鹿村で撮影したオメガ星団が載りました。

Img_0950

Img_0951

Img_e0952

星空の最新の情報や画像がふんだんに盛り込まれていて、大人が見ても十分楽しめる内容です。

地上すれすれに見える最大の球状星団を紹介する素材としては中々いいのではないかと思います。って、自画自賛みたいですが、子供たちに宇宙に興味を持って貰う図鑑にささやかながら協力できたことは嬉しい出来事でした。

しかし、最近は自撮り星景で力を使い果たしてしまって天体写真にまで手が回らくなっています。戻れるのはいつになるでしょうか。

 

2022年5月15日 (日)

3連敗 甲斐駒ヶ岳自撮り星景

5月15日未明、甲斐駒ヶ岳の麓にある中山(標高888m)の展望台からは、
月が甲斐駒ヶ岳頂上に沈む光景が見られました(はずでした)。

Photo_20220515095101

 

星の観測で作成したシュミレーション図
Img_0732

3年目になる挑戦でしたが、去年同様雲に阻まれ望遠鏡の照準を
決められずに失敗に終わりました。

Img_0728
中山展望台下にて。
待機する事3時間、晴れ間を期待するもぽつぽつと雨が降り出す始末(TT)

 

Img_0731
いつも利用している有料の『登山天気』では14日/15日は晴れマークでした。
SCWでは薄曇りでまだ確率は高いと思います。

 

行動プログラムに間違いはなかったと思いますが、不確定要素のお天気に対しては
選択肢を広げるしか手はありません。

プランAでは前日にカメラを設置しておく予定でしたが、あいにく1日中の雨で叶いませんでした。今年は楽しようと予約していた山小屋もキャンセルせざるを得ませんでした。

プランBでは、登山日の早朝から晴れ間を待ってカメラを設置した後の夜行テント泊に望みを繋ぎました。しかし朝まで降り続いた雨のせいか雲が収まりません。自分の足では頂上まで11時間は掛かります。テントで休養する時間も無く、小屋より上はアイゼンとピッケルの装備が必要なので無茶は出来ません。自分を追い込むようなことはしたくないので、制限時間を過ぎた時点で諦めました。

5月14日に向けたピーキングで金峰山へ行ったり黒戸尾根にも2回登って黒戸山往復をしていました。やはり1年毎に体力の衰えを感じます。正直ほっとした部分もあり、頂上での月没も雲で見られなかったので去年の様な悔しさはありませんでした。失敗してもそこに物語が生まれるので、それなりに面白さもあるのですよね。また挑戦するかもしれません。しかし手強いなぁ、甲斐駒ヶ岳。

_mg_6840
頂上月没時の月 自宅より撮影。

 

 

参考
各種シュミレーションソフトの結果

『PhotoPills』によるシュミレーション1
Img_0735

『PhotoPills』によるシュミレーション2
Img_0737
大体合っている。 2次元的な表示なので慣れが必要


『スーパー地形』によるシュミレーション
Img_0736
詳細は不明 計画の初期段階で月のおおよその位置を確認するのに便利


『ステラナビゲーター10』によるシュミレーション
Stn
星の観測によるシュミレーション図作成で星のデータの方を活用

 

『カシミール3D』のシュミレーション
Kasimiru
何故か少しずれている カメラの位置を地図上に自在に設定できるので大雑把な位置を探るのに重宝する

以上、それぞれのソフトに特徴があり場面に応じて使い分けています。

 

 



 

追記:いくつかの過去記事のカテゴリー登録を忘れていたので更新したら、天リフのブログ新着記事に全部載ってしまいました(汗)

2022年5月10日 (火)

ミーハーになってみた。

辞書によると「ミーハーとは、特に興味など持っていなかった物事が世間的に流行し始めた途端に飛びつくような者のこと。」

山梨県北杜市で行われたスタンプラリーなるものに生まれて初めて参加して来ました。

TVアニメ『スーパーカブ』は、北杜市が舞台のアニメです。主催は北杜アニメツーリズム協議会で、放送一周年記念だそうです。

『スーパーカブ』は知ってはいましたが特に興味も無かったところ、バイト先のみずがき湖ビジターセンターがスタンプ設置場所になっていて、1日200人もの訪問者で周囲も驚く流行りっぷりでした。知り合いのおじさんたちも参加したと言うので、ミーハーの小生も参加するに至りました。地域振興は大切です。

Img_0548
スタンプ配置場所の北杜市役所。

マニアの方たちはピンクのカブやステッカーべた張りのカブで乗り付けてスタンプを押していきます。

小生もキャップを深くかぶりマスクをして若作りでドキドキしながら押して歩きました(*^^*)

グッズのシールは相方の車にペタっ。
Img_0699

いい年して何やっとんねんて言われそうですが・・。

地域振興です。

因みに『ゆるキャン△』も山梨が舞台なのでやったらいいのにと思いました。

やっても次は行きません。たぶん。

絶対とは言いませんが。

 

 

 

 

2022年5月 4日 (水)

道祖神

Img_0525

道端で出会った道祖神。

頬杖を突いている所が微笑ましいです。

疲れがスッと抜けました。

 

2022年4月20日 (水)

桜満開

標高1057mにある学校の桜は今が満開です。

Img_0390

どこか懐かしい風景です。

Img_0392

瑞牆山の麓にある学校は木造校舎が立派な建物になっています。

一度廃校になった後、今は「自然学園」に生まれ変わりました。

 

 

 

2022年4月19日 (火)

南アルプス観音岳に沈むピンクムーン

満月は4月17日3時過ぎですので、2日遅れのピンクムーンです。

 

Img_6841

撮り終えてDBPassフィルターを着けっぱなしだったことに気が付きました。

Img_68413

朝日に輝く新雪の方がほんのりとピンク色になりました。

青緑色はこのフィルターならでは。

やっぱり空は青くないと気持ち悪いですね。

 

カメラ:CanonEOS 60Da
撮影時刻:2022/04/19 05:54
望遠鏡:TOA150 レデューサー使用
焦点距離:770mm F5
露出時間:1/100
感度:ISO100
撮影場所:山梨県北杜市  
フィルター:Dual BP Filter(サイトロンジャパン)

 

 

 

«アレイ星雲 (DBPフィルター使用)