気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

NGC3628の尻尾

しし座の銀河トリオの画像を検索すると、ハンバーガー銀河NGC3628から長く尻尾の様な光芒が伸びている画像が見つかります。NGC3628自体先端が又割れしているように見えるし、更にそこから尾が在る様子はまるで衝突銀河の様です。これには興味をそそられました。長時間露光で写るかもしれないと思ったのですが・・・。

Ps3

なんもありませんsweat01

カメラ: Canon EOS Kiss X5(改)
撮影日時: 2017/12/28 05:01
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 420.0s 
コンポジット枚数 32枚
総露光時間224分
ISO感度: 3200
トリミング
Stellaイメージ8 PhotpshopCC

マスクを掛けて炙り出すのですが、かすかにそれらしきものしか出て来ませんでした。

Sippo

中々尻尾を出さないワルなハンバーガーですsweat02

 

この尻尾は他の二つの銀河の重力の影響を受けて出来たもののようで、衝突銀河ではないようです。Hαの様に光学的に確認できるものでなくて、電波望遠鏡で捉えられる電磁波21㎝線によってその構造が明らかにされています。それにしてもあの尻尾の画像はどうやって撮られたのでしょうか。

2018年1月23日 (火)

積雪15cm

雪は夜には意外と早く小やみになり、それほど積もりませんでした。ε-(´∀`*)ホッ 都心で23cmの積雪とか。低気圧に近い南の方が降ったのですね。

Photo


パウダースノーでサラサラです。

Img_20180123_090432

場所によっては20cmを超える所もありました。

地区の除雪車のバッテリーが上がっていてひと騒動でしたが、何とか始動開始coldsweats01積雪の量によって除雪作業の日当が変わるのです。

 

cat
Img_20180113_082451


猫は高みの見物です。

2018年1月20日 (土)

パンスターズ彗星(C/2016 R2)

最近撮られているこの彗星の青が気になって、自分でも撮ってみました。光度は13等でさすがに暗いですね。残念ながら尾の詳細までは撮れませんでした。普通彗星の青と言うとエメラルドグリーンやコバルトブルーなのですが、この彗星は原色の青に近い印象を受けました。

St82
カメラ: Canon EOS 60Da(修理完)
撮影日時: 2018/01/19 00:12
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 180.0s 
コンポジット枚数7枚
ISO感度: 4000
Stellaイメージ8 PhotpshopCC
トリミング フラットがちょっと・・sweat01

彗星の青の原因はC2と言う成分らしいですが、その炭素の状態で微妙に味色味が違うのかもしれません。恒星基準でコンポジットしましたが、オートガイダーαSGR3が故障中で少し流れています。余談ですが、ZWOのCMOSカメラがあるので、星雲や銀河の撮影にPHD2を試そうかと思っています。

 

cat
Img_20180105_0823022_2


遊んでくれないcatface

 

Img_20180106_144256

河原の伐採
直径30㎝クラスの木は枝でこれくらいの太さが在ります。

2018年1月 8日 (月)

クラゲ星雲

去年の暮れに撮ったクラゲ星雲です。ふたご座にあり、丁度カストルの足元に在ります。クラゲに刺されて腫れあがっているのでしょうか?足の名が付いた星は赤いですね。夜半には天頂近くに昇って来るので今の時期は撮影しやすいです。

Ps4
カメラ: Canon EOS Kiss X5(改)
撮影日時: 2017/12/22 02:00
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 960.0s
コンポジット枚数 8枚
総露光時間128分 
ISO感度: 1600
Stellaイメージ8 PhotpshopCC

クラゲの頭の部分と足の部分は結構輝度差があって、足を炙り出すのが難しいです。全体に赤くしてしまいがちですが、何とか抑えました。超新星爆発の跡のようですが、元の星はどれでしょうか?勾玉星雲とクラゲ星雲はどうも苦手ですsweat01願わくばもう少しシャープに迫力のある画を撮りたいところです。

元画像はこちら。
Moto

Photo

 

cat
Img_20180103_154057

チョコの初夢は果たして・・?

2018年1月 5日 (金)

寒の入り 2018

寒中お見舞い申し上げます。
今日は小寒です。寒の入りに相応しい寒い一日でした。日中の気温は5℃を下回り冷蔵庫の中より低いです。体が冷えないように暖かくしてお過ごしください。今年は少し遠征して、南の低空に的を絞って撮影しようかと目論んでおります。しかし、その前に体調の復活が先ですね。食事と運動に気を付けたいと思います。

cat
Img_20180101_163802_001_cover

これこれsign0130回噛みなさい、30回。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31