気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月27日 (火)

青い馬星雲 試写編

改造AP赤道儀システムのテストを兼ねて、青い馬星雲を撮りました。何でわざわざハードルが高い対象を選んだかな~と思いますsweat01

St7ps
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2018/03/26 03:47~
焦点距離: 255mm F4.2
鏡筒:FS-60CB レデューサー使用
AP赤道儀 オートガイド M-GEN 
シャッター速度: 120.0s  ×19枚
総露光時間 38分
ISO感度: 3200
撮影場所 みずがき湖
Stellaイメージ7 PhotoshopCC 少しトリミング

馬の顔が分かるように、元の画像を180度回転してあります。追尾精度の確認が主な目的でしたが、撮影した19枚のすべてで流れていなかったので合格です。M-GENを装備した甲斐が在りましたε-(´∀`*)ホッ。

機材のセッティングに30分掛かりました。実際に撮影開始するまでは、M-GENのキャリブレーションを含めると40分掛かっています。ちょっと時間が掛かり過ぎるように思いますがそんなもんでしょうか。

 

画像処理ではStellaイメージ7のほうが、Stellaイメージ8の自動処理よりいい結果が出ました。Photpshopのチャンネル減算マスクだとうまく星雲を炙り出せず、色選択マスクを主に使っています。下の方が少し色かぶりがありました。関東周辺にあってもみずがき湖はダークスポットですが、低空の光害の影響はゼロではありません。

元画像。

Img_8934

Stellaイメージ7でのコンポジット画像
Compst7

Photo_2

2018年3月24日 (土)

超簡単 星雲星団パズルの作り方

星雲の画像をA4サイズでプリントアウトします。紙質はスーパーファインでした。プレゼン用の資料に使われる一般的な用紙です。

Img_20180324_094616_2
画像はクリスマスツリー星団。


プリントを裏返してから、用紙の上に一旦板を並べます。その後一枚ずつ両面テープを張って張り付けて行きます。

Img_20180324_095143_2


全部張り終わったら、少し段差を付けた台で隙間を開けカッターで切り離します。

Img_20180324_100636


出来上がり。

Img_20180324_100826_001_cover

裏に解説を書いてプレゼントしてもいいですね。

2018年3月23日 (金)

星雲星団パズル 3

ちょっと面白くなってきたので、第三弾です。

Img_20180321_184800

今回のお題はこれですdown

Img_20180322_144311





さて、どこでしょうか?答えは最後に。

 

cat
Img_20170822_1734502_2

分かるかニャーsign02

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

 

 

 

 

Img_20180321_185701

M20 三裂星雲でした。

星雲星団パズル 2

100円ショップダイソーの小板(6枚セット)で作ったパズル第二弾です。

Img_20180322_145039


今回はこれ。

Img_20180323_112951


これ、どこでしょうか?答えは最後に。

 

cat
Img_20170822_173450

分かるかニャーsign02

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

 

 

 

 

Img_20180321_185139_2


M45 すばるでした。

2018年3月22日 (木)

星雲星団パズル

大雪に閉じ込められた日は、暇つぶしにちょっと遊んでみました。100円ショップで買ってきた小さな板(6枚セット)でパズルを作ってみました。

Img_20180322_145143

A4プリントした星雲星団の写真を両面テープで板に張り付けカッターで切っただけです。

Img_20180322_144038

 

これ、どこだか分かりますでしょうか?答えは最後に。

 

cat
Img_20170822_173450

分かるかニャーsign02

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

downwardleft

 

 

 

 

 

Img_20180322_144852_2

M42 オリオン大星雲でした。

2018年3月21日 (水)

積雪定点観測

早朝から春の大雪です。休日で本当に良かった。写真は1時間ごとの積雪の様子です。

6:30
Img_6686

7:30
Img_6687

8:30
Img_6688

9:30
Img_6689

10:30
Img_6690

11:30
Img_6691

12:30
Img_6692

庭の薪小屋の屋根はふわふわの綿布団が掛かっているようです。大体これくらいが積雪のピークでした。明日は一気に溶けてくれることを祈ります。

 

2018年3月17日 (土)

春の日

cat

Img_6672


春眠暁を覚えず

2018年3月16日 (金)

ポータブル機材 AP赤道儀(改)撮影システム

久しぶりの機材ネタです。厳しい今冬に命を削ってアルバイトで稼いだ成果がこちらです。ケーアステックさんで自動導入改造してもらったAP赤道儀に追尾装置M-GENを取り付けました。AP赤道儀のギア精度には不安があったので思い切ってM-GENを導入しました。

1
このシステムの長所の一つは、電源がすべてモバイルバッテリーで済むところです。M-GENの電源はステップアップケーブル(5V->12V)を使用しています。

2


Img_20180316_105933
そして最大の長所は軽量コンパクトなことです。赤道儀と三脚はそのままにして、残りの機材は望遠鏡も含めてすべてツールボックスに収まります。8.5キロは片手で胸の位置まで持ち上げることが出来ます。近いところでセレストロンのADVANCED-VX赤道儀があり、これはリーズナブルで高性能な赤道儀ですが、じじいの小生にはまだゴツクて大きく、置き場所もありません。それに比べるとAPは取り回しが凄く楽です。

それで、撮影の実績なんですが・・M13です。
St83
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2018/03/15 04:15 
焦点距離: 255mm
鏡筒:FS60CB レデューサー使用
シャッター速度: 120.0s 
ISO感度: 3200
コンポジット枚数 4枚
Stellaイメージ8 ダーク、フラット シャープ処理等  

撮影状況ですが、空の透明度は良くありませんが風は殆どありません。気温も氷点下にならず体的には楽でした。

まだ初トライなので結論は早いですが、今回に限って言えばM-GENの精度にはちょっと不満が残りました。4枚のうち2枚は流れてます。エクステンダーでの焦点距離600mm試写では全滅でしたsweat02これでは以前のノータッチガイドと変わらないなぁ。完璧を期待していただけに悔しいです。実はセッティングにもちょっと問題があります。バランスウェイトが少し足りません。追尾の設定もあるかもしれません。ネット上のレポートでは良いこと書かれていたのですよね。メカ的には満足してます。使いこなしていくしかないですね。

元画像です。
Img_8923



Img_8924


Img_8925


Img_8926

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

打ち上げ花火

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31