気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« 土星 初ショット | トップページ | 星の名刺作成 »

2018年4月28日 (土)

4月28日の土星

土星撮影第2弾です。どーせ揺れているだろうと思いましたが、前回より少し上空の気流がましなようでした。前回は沸騰したお湯に土星を投げ込んだようでしたから。

撮影時の空
Photo
空が既に白んでいますsweat01惑星は空の明るさに強いですね。満月期でも撮れるというのが分かります。満月が怖くないというのがいいですね。

まずは下処理です。

処理1:Autostakkert3で画像スタック(積み重ね)後の画像
04_40_50_lapl4_ap20

画質上位10%のみスタックしました。30%、50%も試しましたが、10%よりボケてます。処理が未熟なのもありますけど・・・

仕上げに掛かります。

処理2:RegiStax6でスタック画像をウェーブレット処理(解析、再構成)
その後CameraRawで色彩調整、強調処理を施して仕上げました。

Camraraw2
撮影日時: 2018/04/28 04:50 キャプチャー2分
撮影地:  山梨県北杜市
撮影機材: 望遠鏡:タカハシTOA150 (焦点距離1100㎜)
                赤道儀:EM400
        カメラ:ZWO ASI224MC
        拡大パーツ:テレビューパワーメイト2.5×
画像処理ソフト: 動画処理:Autostakkert3、RegiStax6 
                        色調整、強調処理:CameraRaw


今度はカッシーニの空隙がはっきり現れました。リングに土星本体の影が映っているのも分かります。気流の条件が良かったらと思うと、今後が楽しみです。

« 土星 初ショット | トップページ | 星の名刺作成 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
気流の差というのは
こうしてみると、
けっこう大きいものだなと思いました。
宇宙をみたとき、気流や電波など、
人の眼にみえないけれど、
影響の大きいものがあるというのが、
興味深いです。

ふうちゃん組さん
こんにちは。
仰る通りですね。気象条件に左右される所が何とも悩ましいですが、
最高の条件に出逢った時の喜びも大きいのでしょうね。
今回はピント合わせの方法を掴めたので一歩前進です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1692977/73388020

この記事へのトラックバック一覧です: 4月28日の土星:

« 土星 初ショット | トップページ | 星の名刺作成 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30