気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« 星の名刺作成 | トップページ | 太陽観望会in「アストロフェス IN みずがき 2018」 »

2018年5月 3日 (木)

M101 回転花火銀河

久しぶりの回転花火銀河です。結構淡いのでじっくり撮らないと中々姿を現してくれません。今の時期、0時近くには子午線付近まで昇って高度が高くなるので旬の銀河です。大きさは月に近い27’、距離1900万光年。

Psst82
撮影日時: 2018/04/21 0:05
撮影地:  山梨県北杜市
撮影機材: 望遠鏡:タカハシTOA150 (焦点距離1100㎜)
                赤道儀:EM400
        カメラ  :Canon EOS 60Da
シャッター速度: 16分×10枚
総露光時間:2時間40分
ISO感度: 1600       
画像処理ソフト: Stellaイメージ8 PhotoshopCC

M101でメシエカタログですが、発見したのはメシエの弟子でフランスの天文学者ピエール・メシャンだそうです。銀河の中に大きな赤い散光星雲はあまり見当たらず、青い星団が目立ちます。コントラストを上げると、中心付近の渦に絡まる暗黒帯の筋も目につきます。長く伸びた渦巻の腕が途中で屈曲しているのが特徴ですね。(上の画像で右側)

トリミング
Kakudai

色調整したものを追加しました。
Kakudai2

 

撮影時の空
Photo_2

 

余談ですが、このアングルだと漫画おそ松くんのキャラクター、イヤミの得意ポーズ「シェー」に見えてしまうのだ!coldsweats01
Photo

« 星の名刺作成 | トップページ | 太陽観望会in「アストロフェス IN みずがき 2018」 »

メシエ天体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
回転花火銀河、
なんとも絵にかいたような美しさですね。
銀河鉄道999の背景みたいです。
しかし、イヤミのしぇーとは。
なるほど、似ている!
歳が分かりますねcoldsweats01

こんにちは
やっぱり大口径&露出と暗い夜空が良い結果を
もたらしますね。
銀河の腕の濃さと色彩に良く表れていると
思います。
じっくり身構えて長時間露光したいですが、
根が短気なもんで難しい(≧∀≦)

ふうちゃん組さん
こんにちは。
ありがとうございます。今回は前より良く写りました。
立派な銀河ですよね。大きいので撮影のしがいがあります。
しぇーが分かるのですね。と言うことはふうちゃん組さんも
私と同じってこと?(笑)

テナーさん
こんにちは。
淡い銀河なので、じっと待ってあげないと出てきてくれませんね。
お陰で明るく写りましたけど、まだシャープさが物足りないです。
また挑戦して見ます。
何故かPC がネットに繋がらなくなってしまったので、
スマートphoneから投稿しています。
文字の打ち込みが大変です💦

うわー、細部までしっかり写っていて、見栄えのするM101ですね。
中心部分まで見せるいい塩梅の仕上がりですね。

ほんでも、カラーバランスはちょっとGの調整してみたらどうでしょう。
すこしトーンカーブでGをいじるだけで赤いのも出てくるような気がします。

ミッチーさん
こんにちは。
最初中心部が白飛びしていたのでハイライトで
調整しました。グリーンと青を抑えた画像を追加しました。
赤成分が中々出てこないですね。う~ん・・。

追加、いいですねー。
赤いの、いい塩梅で出ていると思いますよ。

というか、この一枚の「青」の良さが際立っていることに気づきました。
銀河のふちのほうなんですけど、すごく青がきれいだと思います。

んー、いい色情報持ってて、構造も撮れている、
いわゆるウハウハです!

ミッチーさん
こんにちは。
アドバイスありがとうございます。
お陰様で真実味のある色合いになりました。他の方の画像ですともう少し
赤い塊が在りますが、どうしてもそこまで至りませんでした。元の色情報が
そうなのでしょうね。周辺部の青は際立ちましたね。今後も遠慮なくご教示
お願いしますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1692977/73419724

この記事へのトラックバック一覧です: M101 回転花火銀河:

« 星の名刺作成 | トップページ | 太陽観望会in「アストロフェス IN みずがき 2018」 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30