気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« オベリスク登攀の記 | トップページ | GIFアニメ編 »

2018年6月30日 (土)

撮影後記

「月との対話」を撮り終えて、思ったことをつらつらと述べたいと思います。

去年の6月にも月とオベリスクが重なる瞬間を撮影しましたが、それ自体がとても感動的であそこに自分も身を置いてみたいと思いました。

1_3

この思いが今回の計画の発端です。勿論それは見かけなのですが、遠く離れて会えないはずの月とオベリスクが出会うという神秘的な場所と時間を共有したいと言う思い、あるいは自身がオベリスクに立ってTUKIに近づきたかったのかもしれません。

この写真を、ブログにアップする前に何人かの人に送りました。そして違う反応が返ってきました。予想以上の「驚きと感動」の反応が一方で在りました。私自身はイメージを膨らませていたのでそれ程ではなかったのですが、初めて写真を見た時のインパクトが大きかったのだと思います。

Photo

言ってしまえば自撮り写真にすぎませんが、それでも写真をアップした後も含めてめったにない「感動」という言葉を頂けて、むしろそのことに感動してしまいました。自分が個人的な思いで撮った写真が人の心を揺り動かしたという事実は貴重な体験でした。きっとこの写真のどこかに普遍的な要素があるのでしょうね。

岩塔の上にチョコンと立っている人間は月の大きさに比べてあまりにも小さく、吹けばどこかに飛んで消えそうなチリの様です。絶えず変化し流れ去ってゆく宇宙の無常な営みの中で、それでもなお人は思いを持ってそこに立っている。そんなところを感じて貰えたのかもしれないと勝手に想像しています。

Img_20180626_011611
午前1時15分 頂上直下待機中のおぼろ月 接触約1時間前。

また一方で、この写真に特に反応が無い人がいることも事実です。日々の生活に追われている人から見れば、いったい何をやっているのだろうと思うのは当然かもしれません。暇がなければ、ここまでのことは中々出来ません。マニアの誉め言葉かもしれませんが、「正真正銘の〇ENTAI」と言われる所為ですね。だから、正直ちょっと恥ずかしくもあります。この記事も写真もすぐに忘れ去られてしまうのでしょうが、もう少しこの写真の価値を確かめてみたいと思っています。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村

« オベリスク登攀の記 | トップページ | GIFアニメ編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やまぼうしさん、はじめまして。
FBページ「天リフ」記事から飛んで来ました。

この「月との対話」撮影の計画と実行、そして成功は本当に素晴らしいですね。数々のすごい写真を撮る方がたくさんいらっしゃいますが、この写真も当にベストと言える一枚に違いありません。

この写真を見て感動の気持ちが湧かない人がいるとしたら、隠された「緻密な計算や日頃からの努力」の程度が想像つかない方(自然や科学に興味ない方)ではないでしょうか。

素敵な写真をありがとうございました。山や岩登り(特に単独行)にはくれぐれも注意して、また素晴らしい感動を見せてください。楽しみにしています。

星くりさん
はじめまして。
お褒め頂きありがとうございます。
この写真は自分にとって忘れられない記念碑的な写真となることは間違いありません。
自分史の中で多分ベストになると思います。準備にかけた時間も思い入れも一番ですからね。

画の中の人が小さすぎて気が付かないからと言う説もあるので、そうなのかなぁとも思います。
そうなら気が付いてほしかった。寂しい事ですが、興味ないというのはあるかもしれませんね。
単独は危険と隣り合わせですよね。肝に銘じたいと思います。

まさかの自撮りとは。

このオベリスクを初めて見た時はここを登れるなんて夢にも思わなかった。

天文とクライミングのハイブリッドな趣味で凄いですね。
\(^^)/


下界からこれを撮ってたまげた人って居るかな、
オイオイ、あれって人じゃないのか、なんて。

ボッケニャンドリさん
こんにちは。
登攀距離が倍ぐらいあったらクライミングの手ごたえ十分で、本格的なハイブリッドですね。

月をバックにオベリスクを望遠鏡で見たら、昼の様な揺らぎが無くて人がはっきり見えたかも
知れません。頂上に3時くらいまでゴソゴソしていたので、山小屋を早発ちの人がヘッドライトの明かり
を見たかもしれません。

先週は幕岩でお世話になりました。先ほど、三上さんのFBから、オベリスクを拝見しました。驚きました。やまぼうしさんが大きく見えますね。しっかりと計算されての撮影、素晴らしいですね。

竹内さん
こんにちは。
植物観察会楽しかったですね。貴重な体験でした。
またああいう機会にご一緒出来たらありがたいと思っています。
私自身はまだあのオベリスクの写真の意味を計りかねています。
ただ撮って良かったと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1692977/73773325

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影後記:

« オベリスク登攀の記 | トップページ | GIFアニメ編 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30