気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« 夜明け | トップページ | 春のダイヤモンド、春の大曲線 »

2018年11月17日 (土)

銀河鉄道、銀河高速

山梨県北杜市にある茅ヶ岳中腹からは、夜になると中央線の車窓の明かりが光の筋となって走ってゆく様子が見えます。それが銀河鉄道の様だということで、「銀河鉄道展望公園」なる展望台があるのですが、この地の開けた場所からならどこでも見ることが出来ます。

2
トリミング

Img_22082_2
2018/11/15 17時半ごろ 
Canon60Da 55㎜標準レンズ ソフトフィルター使用

昔は傾斜が急なのでスイッチバックがあったそうですが、確かに中央線の青い光の筋が右上がりに結構登っていますね。見ようによっては銀河鉄道が夜空に向かって登っていくように見えなくはないです。ちなみに、写っている電車はスーパーあずさ23号です。

「銀河鉄道展望公園」は唐突でこじつけのように思えますが、「銀河鉄道の夜」と全く関係ないというわけではありません。ここ韮崎市駒井は宮沢賢治と親友だった詩人保坂嘉内(ほさかかない)の出身地です。保坂嘉内が銀河鉄道のカンパネルラのモデルだと言う説も出たり、彼が描いたここから見たハレー彗星のスケッチが「銀河鉄道の夜」の着想に繋がったという説もあり、結構関係があります。それを念頭に夜行列車の光の筋を見ていると、何となく銀河鉄道に見えてきてしまいます。

一番下の明るい光の筋は中央高速の車の明かりです。トラックが一晩中ひっきりなしに走っています。運転手さんご苦労様。ついでなので銀河高速と勝手に命名しました

人間思い込むと、物の中にいろんなものが見えてきてしまうものですね(笑)

 クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

« 夜明け | トップページ | 春のダイヤモンド、春の大曲線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
そうなんですか。
銀河鉄道なんてロマンチックですね。
あの公園、そんな意味があったんですね。
なんでこんな名前なんだろうと思っていたんです。
ひょっとして星が良く見えるからなのかと思ってました。

viewru3103 さん
こんにちは。
銀河鉄道展望公園はただの人寄せではなくて、
それなりの理由があるのですね。因みに、この公園の
一角にあるぎんどろの木は、宮澤賢治の故郷である
岩手県から寄贈されたものだそうです。

こんにちは。
銀河鉄道と展望公園、そんなものがあるのですね。
「山も星も」にある山梨の星空が、
宮沢賢治とだぶってしまうのは、
私が賢治好き、というのだけでもないのかもしれないと思いました。
賢治と盛岡で学んだ保坂嘉内は、ここで農業をしたり、詩作に励んだのですね。
賢治のふしぎな童話「やまなし」も、山梨県と関係あるのかもしれないですね。

ふうちゃん組 さん
こんにちは。
宮沢賢治の「やまなし」は何か賢治の身に起きたことを
暗示しているのでしょうか?光の網とはうまいこと言うなと思いました。
山梨県にそこまで入れ込んでいたのかどうかは分かりませんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀河鉄道、銀河高速:

« 夜明け | トップページ | 春のダイヤモンド、春の大曲線 »