気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« 極大日のふたご座流星群 | トップページ | IC410 再処理 »

2018年12月25日 (火)

IC410 オタマジャクシ付

ふたご座流星群の撮影と平行して、主砲でぎょしゃ座の散光星雲IC410を撮りました。3晩撮りためたうち比較的薄雲の影響の少ない31コマをコンポジットしました。

Ic410ps2
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2018/12/10~14
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 14分 
コンポジット枚数31枚
露光時間7時間越え
ISO感度: 1600
撮影場所:山梨県北杜市

この星雲の特徴であるオタマジャクシ模様のクローズアップ。
Photo

人玉にも見えるこの模様はどうしてできたのでしょうか?あたかもガスを発生している天体が迷走した後の様です。期待したディティールを描写出来ずちょっと残念ですが、次へのステップにはなりそうです。しかし久しぶりの星雲の画像処理は難航しましたsweat02

元画像
Img_2673

  クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

« 極大日のふたご座流星群 | トップページ | IC410 再処理 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
宇宙をのぞかせてもらえるような写真を
いつも楽しませて頂いております
今日の写真も、とてもステキですね
うれしいクリスマスプレゼントを、ありがとうございますclover

こんにちは。
すごいですね。
7時間超えの露出時間による詳細な
描写はとても美しいです。
オタマジャクシは知りませんでした。

花子さん
こんにちは。
いつも見に来て頂きありがとうございます。
クリスマスプレゼントになりましたか?
喜んで頂けたようでよかったです。

Viewru 3103 さん
こんにちは。
ここまで撮りためたのは初めてかもしれませんね。
それなりに頑張りましたが、処理技術が付いていけませんでしたcrying
青の描写に注力しました。

こんにちは。
31枚のコンポジット力はすごいですね。
おたまじゃくしのような星雲は、
とても美しいと思います。
元画像をみると、これでこんなクリアなものが
でてくるものなのか…と思います。
しかし、3晩7時間越えとは、がんばられましたね!
良いクリスマスプレゼントをありがとうございましたxmas

とても繊細な色の変化を捉えているなあ、という印象を持ちました。
これは7時間もの時間によって出てくる部分だろうな、と思います。
決して画像処理でぶいぶい出す感じでない、自然な色合いというか。

この対象、どんどん青に変化していくのを表現する作例があって、
これもまさしく、それを信憑性とともに表現できていると思います!

ふうちゃん組 さん
こんにちは。
元画像は背景が白っぽくくすんで星もボテボテなので、
薄雲の影響もあるのかなと思います。それにしては全体の
イメージは思いどおりになったので、まいいかとcoldsweats01
クリスマスの日に投稿出来て良かったです。

ミッチーさん
色の変化は結果的に出たもので、まぐれ当たりですよcoldsweats01
背景と星の処理はかなりざっくり処理してていい加減です。
青の成分て赤に比べてかなり少ないようですね。しつこく
炙り出しても見れるようになったのは7時間のお陰かもですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1692977/74827200

この記事へのトラックバック一覧です: IC410 オタマジャクシ付:

« 極大日のふたご座流星群 | トップページ | IC410 再処理 »