気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月29日 (土)

IC410 再処理

ぼやけた感じが納得いかず再処理しました。

Ps4_3


シャープになりましたが、前の画像の赤い星雲のほんわかした感じも悪くないなぁと感じました。

 クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

2018年12月25日 (火)

IC410 オタマジャクシ付

ふたご座流星群の撮影と平行して、主砲でぎょしゃ座の散光星雲IC410を撮りました。3晩撮りためたうち比較的薄雲の影響の少ない31コマをコンポジットしました。

Ic410ps2
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2018/12/10~14
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 14分 
コンポジット枚数31枚
露光時間7時間越え
ISO感度: 1600
撮影場所:山梨県北杜市

この星雲の特徴であるオタマジャクシ模様のクローズアップ。
Photo

人玉にも見えるこの模様はどうしてできたのでしょうか?あたかもガスを発生している天体が迷走した後の様です。期待したディティールを描写出来ずちょっと残念ですが、次へのステップにはなりそうです。しかし久しぶりの星雲の画像処理は難航しました

元画像
Img_2673

  クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

2018年12月18日 (火)

極大日のふたご座流星群

極大日の14日夜は自宅での撮影となりました。気が抜けたのかポカをやらかしました。ポラリエのスイッチを入れ忘れて、星が流れてしまいました。ふたご座からオリオン座にかけて撮ったのですが、写真を見るとオリオン座がどんどん視野から逃げていきます。気が付いたのは3時になる頃でした掲載した画像はそのあとの追尾した画像です。

3
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2018/12/13 02:59~
焦点距離: 15㎜ シグマ対角魚眼
シャッター速度: 60秒 F2.8
ISO感度: 3200
撮影場所:山梨県北杜市明野町
画像処理ソフト:Stellaイメージ7 PhotpshopCC(CameraRaw)

Photo

ベテルギウスの近くを流れている流星は暗くて見えにくいですが、その他は明るくふたご座の頭付近から6個の流星が放射状に飛んでいるのが分かります。

 

星が流れてしまった画像には合計15個の流星が写っていました。同時に2個流れたと思われる画も2枚ありました。多数個同時に流れるのが流星群の醍醐味ですね。尚、ダブった稜線以下の絵は塗りつぶしましたのであしからず。

 クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

2018年12月14日 (金)

昨夜のふたご座流星群

極大日は明日ですが折角晴れたのでプチ遠征して来ました。

チョット出遅れて撮影開始は2時過ぎになってしまいました。

Img_9223_2
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2018/12/14 02:23
焦点距離: 15㎜ シグマ対角魚眼
シャッター速度: 60秒 F3.2(F2.8)
ISO感度: 3200
撮影場所:山梨県北杜市白州町
画像処理ソフト:Stellaイメージ8 PhotpshopCC(CameraRaw)

一番明るい流星の一枚です。右下にはウィルタネン彗星が青く写っていました。明日はどれくらい流れるか楽しみです。しかし寒かった。風邪ひきそうです。

遠くに行く時間は無いので、近場で南西の空が暗いところは白州町の辺りと判断しました。富士見のスキー場の明かりが今年はやけに明るいのはLEDの照明に変更したのでしょうか?それもここなら回避できます。甲府の明かりもここなら直接は避けられます。ただ写真の通り山から吹きあがった雪雲が時々流れて来ます

 クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

2018年12月13日 (木)

ウィルタネン彗星 12/07

時間がたってしまいましたが、長焦点でのウィルタネン彗星です。

1207
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2018/12/07 20 :08~
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 180.0s 
コンポジット枚数5枚
露光時間15分
ISO感度: 2000
撮影場所:山梨県北杜市

光芒が左上にあるのは彗星が移動したためだと思われます。3分露光は長すぎました。薄雲が出ていました。


にほんブログ村

2018年12月11日 (火)

沈む月と土星

外は淡雪が降っています。やっぱり12月ですね。

12月9日、南アルプスの薬師岳に沈む月と土星です。

Img_2513
2018-12-09 17:24

Img_2500


天と地が出会う瞬間はいつもロマンチックで感動的です。

 クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

2018年12月 6日 (木)

ぼやき

まさか12月までこんなお天気が続くとは

日本の星空はどうなってしまうのだろうか

91
絵はサン・テグジュペリ作「星の王子様」より転用編集。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »