気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« おとめ座Aの東 | トップページ | みずがきのキツネ »

2019年5月19日 (日)

銀河中心部 いて座

5月8日の明け方に撮ったいて座の中望遠画像です。

薄明が迫る中、最後に撮ったのが干潟星雲と三裂星雲のある
銀河中心部でした。

St832
カメラ: Canon EOSkiss X5(改)
撮影日時: 2019/05/08 03:03~
焦点距離: 255mm
鏡筒:FS-60CB レデューサー
赤道儀:AP赤道儀自動導入改造 M-GENオートガイド
シャッター速度: 120秒 8枚コンポジット
総露出時間:16分
ISO感度: 3200
画質調整 ステライメージ8
撮影場所:長野県大鹿村

暗い空で撮っただけあって、銀河のモクモクが良く写りました。
赤い星雲はもとより青っぽい星の集団も見ごたえがあります。

元画像
Img_9917

元画像と比べると、画像処理の過程で非常に淡い赤い星雲を
犠牲にしてしまったようです。もう少し撮りためて再処理したいと
思います。

Neko

 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ポチっとよろしく。
にほんブログ村

« おとめ座Aの東 | トップページ | みずがきのキツネ »

コメント

こんにちは。
砂の様な星がきれいに写って、
星雲の様子も、よく分かります。
素敵な写真ですね。
薄い色が犠牲になったということですが、
なかなか難しいですよね。
チョコちゃんの写真、こっちを真っ直ぐ見て、
ちょっとどきっとしてしまいました。

ふうちゃん組さん
こんにちは。
黒っぽい部分も何らかの星間物質があるので空っぽではないはずなのに、
抜けている感じがちょっとイマイチです。
猫は安全な場所に隠れると野生が戻るのでしょうか。時々人を寄せ付けない
表情をします。そこが面白いんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おとめ座Aの東 | トップページ | みずがきのキツネ »