気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

« 天の川 ダークサイド | トップページ | おとめ座Aの東 »

2019年5月 9日 (木)

オメガ星団(ω星団)ケンタウルス座

念願のオメガ星団(NGC 5139)をようやく撮影することが出来ました。

球状星団の中でも最大級のもので、視直径も月より大きいのですから驚きです。

1000万もの星の集団を近くで見たら想像を絶する光景に違いありません。

視直径 36.3′ 距離 1万7300光年(ステラナビゲーター10より)。

11
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2019/05/07 22:15
焦点距離: 255mm
鏡筒:FS-60CB レデューサー
赤道儀:AP赤道儀自動導入改造 M-GENオートガイド
シャッター速度: 40秒
ISO感度: 3200
画質調整 ステライメージ8 PhotoshopCC
撮影場所:長野県大鹿村
22     
22:24

3
22:29 これでお別れ。

撮影時に南中ですが、高度はわずか7度です。山に隠れる直前で間に合いました。

時間の迫る中、自動一発で真ん中に導入出来たのはラッキーでした。

これだけでかくて明るいから本来ファインダーだけで充分ですが(汗)

スマホのskysafariでWIFIでの自動導入は初めてでしたが、うまくいってホッとしました。

このシステムのことはまた別の記事にするつもりです。

 

*とりあえずと思いJpeg撮って出しでアップしましたが、あまりにノイズがひどいので

Raw画像ダーク減算処理した画像に差し替えました。

トリミング画像
Kakudai
あっ!ブレてる  (^^;;;

 

 

Photo

 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ポチっとよろしく。
にほんブログ村

« 天の川 ダークサイド | トップページ | おとめ座Aの東 »

コメント

ヤマボウシさん、こんにちは。

ほぼ同時刻の投稿で、オメガつながりですね!
難しいオメガ星団の撮影おめでとうございます。
星団の大きさが良く伝わります。

himadawaも観測地を見つけて挑戦したいと思います。

こんにちは。
超低空のオメガ星団をゲットできて、おめでとうございます。
つぶつぶ感が何とも言えず、いいですねえ。
夕方はそちら側の山にはまだ雲がかかっていましたが、撮影時刻にはとれたようですね。

こんにちは。
すごい低空の撮影ですね。
とてもきれいに撮れていると思います。
個人的には、こんなに星が集まっていたら、
お互いにぶつかったりしないかと思ってしまいます。

himadawa さん
こんにちは。
ありがとうございます。
おめえもオメガかと言うことでしたね(^^;
何とかオメガ星団をゲット出来ました。
255㎜でもこの大きさでなのが嬉しいです。
himadawa さんも是非ゲットしてください。

やまねももんが さん
こんにちは。
ありがとうございます。
長年の懸案でしたので撮れて良かったです。
自宅からは甲府の明かりで難しく、遠征の甲斐がありました。
山に隠れそうで焦りましたが無事ゲット出来ました。
同じ日に自然公園に行っていたのですね。いい空でしたね。

ふうちゃん組 さん
こんにちは。
これほど高度の低い対象はありません。
大きさ明るさとも一級の球状星団ですので
撮れた満足感も大きいものになりました。
星が込み合っていても宇宙のスケールだと
ぶつからない距離の様です。

こんにちは
山合いの厳し環境の中でのオメガゲットやりましたね。
撮影地の選択、撮影時間が決め手の対象なので事前の準備が万全、大気の影響受けず星団の色合いが綺麗です。

テナーさん
こんにちは。
ステラナビゲーターに観測地の緯度経度を設定して、
オメガ星団が撮影可能なのを確認しました。
当日は低空まで星が良く見えたし大鹿村は空も暗いので、
きれいに撮れました。自宅からだと空が光害でカラフルに
なってどうにもならないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天の川 ダークサイド | トップページ | おとめ座Aの東 »