気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

ペット

2019年8月30日 (金)

近況

最近のお気に入りはこれです。

段ボールの箱。
Img_20190827_201537
ホームセンターで買ったフワフワのベッドは暑いようです。
こういう狭いところにいると落ち着く気持ち分かります。

原木の玉ぎりで右腰を痛めてしまいました(><)寝るのも辛いので、
ベッドのマットの上にコンパネを敷いたら大分楽になりました。
チェーンソーをへっぴり腰で振り回していたのが良くなかったようです。
腰痛は動きながら直すのがいいそうなので、寝たきりにならないようにしています。

2019年8月13日 (火)

ペルセウス座流星群 2019

12日/13日の夜は薄雲があったものの3時頃には月明りも
無くなり流星観察が出来ました。

225
カメラ: Canon EOS60Da
撮影日時: 2019/08/13 0:54
レンズ:SIGMA FISHEYE 15mm F2.8
露出時間: 15秒
ISO感度: 3200
画質調整 ステライメージ8
撮影場所:山梨県北杜市明野町
この時間は月があり明るい空でした。

506 
カメラ: Canon EOS60Da
撮影日時: 2019/08/13 03:36
レンズ:SIGMA FISHEYE 15mm F2.8
露出時間: 20秒
ISO感度: 3200
画質調整 ステライメージ8
撮影場所:山梨県北杜市明野町
トリミング

ペルセウス座流星群以外の散在流星も写りました。
338 
雲越しに映りました。途中で爆発したようです。
トリミングしています。

282
30分ほどで明るい流星が4つ、暗いものは11個確認出来ました。
トリミングしています。

Img_4155

最近暑さのせいか食欲が在りません。

 

 

2019年8月10日 (土)

一日中エアコン

寝苦しい夜が続いています。

Img_20190124_085740

寝不足でやる気が出ません。でも次回はAP赤道儀のWi-Fi化を記事にしようと思います。
こうして書けば記事にせざるを得ないですから。

2019年4月 6日 (土)

M8干潟星雲 赤控えめ

今月に撮ったM8干潟星雲です。長焦点撮影なので画面からはみ出てしまいました。大きさは月の1.5倍もあるとか。

M8

カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2019/04/03 03:13~
焦点距離: 1650mm
鏡筒:TOA150 TOA150 エクステンダー×1.5
赤道儀:EM400 α-sgrオートガイド
シャッター速度: 8分×10枚 
露光時間 1時間20分
ISO感度: 1600
コンポジット 加算平均 ステライメージ8
画質調整 PhotoshopCC
撮影場所:山梨県北杜市

露光時間は普段の半分です。南の空が明る過ぎました。元画像では星雲中心部が特に赤く写りましたが白飛びを抑えたことでこのようになりました。あちこちに見られる黒い塊はこれから星が誕生する分子雲の塊の様です。もっと長い焦点距離なら誕生のドラマにもっと迫れるのですが・・

元画像はこちら。

Img_4687

 

 

新しい編集仕様に未だ戸惑って思うように記事が書けません(;;)ついていけないとは老化現象でしょうか。そもそもゲームに無関心なんだけどNiftyゲームってなに?(^^;

Img_20190112_073542

2019年3月22日 (金)

無題

春分の日の夕方の景色です。
Arasi
富士山がすっぽり雲に覆われていました。
Img_6866
里はうららかな春の日でしたが、山は嵐の様です。
🐱
Img_3956

2019年3月17日 (日)

高遠の天の川

今朝、長野の高遠で撮った天の川です。3月になると明け方に夏の天の川が昇って来ます。なぜ夏でなく今撮るかと言うと、夏に比べると今の方が空気が澄んでいて天気も安定しているからです。

Ps2
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2019/3/17  04:17~
焦点距離: 15㎜ シグマ対角魚眼 F3.2(F2.8)
シャッター速度: 120秒×14枚
総露光時間 28分
ISO感度: 1600
撮影場所:長野県高遠
画像処理ソフト:Stellaイメージ8 PhotpshopCC(CameraRaw)
FlatAidePro
ポラリエにて追尾

ここまでくると、南の空に限れば甲府盆地の光害から大分逃れることが出来て、上々の天の川を見ることが出来ます。当夜は月が沈んで月明りの影響が無くなるのが4時過ぎです。そのご薄明が始まるのが4時半ですから、30分ほど撮影好機があります。それを狙っての遠征となりました。

 

余談ですが、山梨県北杜市からですと、高遠に行くには中央道を糸魚川静岡構造線沿いに北上し、諏訪から152号線を中央構造線沿いに南下します。地質学的にちょっと面白いんです。

 

元画像はこちら。
Img_4639

左端の光跡は多分国際宇宙ステーションだと思います。




Photo
 

 


Img_4031

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

2019年3月10日 (日)

馬頭星雲付近

今回の新月期の画像をようやくアップ出来ました。自動追尾装置M-GENの装備追加で100%成功の成果となりました。細かいことはさておき、遠征でのAP赤道儀とFS-60CBの組み合わせでやっと満足できる作品が出来たと思っています。

20190303
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2019/03/01 20:08~
焦点距離: 255mm
鏡筒:FS-60CB レデューサー
赤道儀:AP赤道儀自動導入改造 M-GENオートガイド
シャッター速度: 2分15秒×53枚 
露光時間 2時間
ISO感度: 3200
コンポジット 加算平均 ステライメージ8
画質調整 FlatAidePro PhotoshopCC
撮影場所:長野県大鹿村

オリオン座の三つ星を入れた馬頭星雲付近です。控え目ですが、画像左に展開する暗黒星雲も写ってくれました。

 

3月8日も遠征して撮影したものもコンポジットしてみました。
20190308
3月1日に撮影した画像と合わせた総露光時間は3時間14分になりました。画角がずれたのでトリミングしてありますが、そのせいで三ツ星のミンタカが外れてしまいました。こちらは更に強調したので色彩がちょっとお下品になっています。今冬のオリオン座とはこれにてお別れです。

 


Photo

ソファーを占領中。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

2019年3月 4日 (月)

猫の雨宿り

久しぶりにまとまった雨が降っています。タイトルのまんまですが、庭を見ると近所の猫が薪棚にあけた風穴の中で雨宿りしていました。

Img_6842

ガラス越しなので写りが悪いのはご容赦を。この前は割った薪に架けたブルーシートの中に潜んでいました。近くに小鳥の餌台があるからでしょうか?

チョコが大興奮でした。

Img_6848


2019年2月21日 (木)

冬銀河 シリウスからカペラまで。

前回の記事で掲載した冬銀河の撮影の後、オリオン座が大分地平に傾いたので、カメラを少し上に向けてシリウスからカペラにかけての冬銀河を狙いました。

2_4
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2019/2/8  22:30~
焦点距離: 15㎜ シグマ対角魚眼 F3.2(F2.8)
シャッター速度: 180秒×12枚
総露光時間 36分
ISO感度: 1600
撮影場所:長野県大鹿村
画像処理ソフト:Stellaイメージ8 PhotpshopCC(CameraRaw)
FlatAidePro

今度は一回の露出時間を3分に延長して総計で10分ほど多く撮りました。
それに伴い強調処理にも少し余裕が出来たせいか、大分目指すイメージに近づけました。

 薄雲が時々横切り低空にはモヤが発生していましたが、FlatAideProのお陰でうまく処理できたと思います。でも今度はもっと高度で長い時間撮りたいです。

2_2
こうしてみると明るい星雲と中々写らない淡い星雲の違いが分かりますね。

元画像はこちら。
Photo


Photoshopで綺麗に見えても、ブログに張り付けるためJEPGにしてリサイズすると微恒星が目立ってきたなく見えてしまいます(下)。
Photo_2
そこでこの後もう一度FlatAideに戻り、星を抑える作業を追加したものが1枚目です。また、赤い星雲の強調はPhotoshopで「チャンネル減算マスク」の手法を使っています。

画像処理はStellaイメージ8(現像、コンポジット)->FlatAidePro(周辺減光、色ムラの除去など)->Photoshop(主に色の強調)の手順でやりました。始めPhotoshopで現像する方が発色がいいという話もありますが試したことはありません。

 

撮影風景
Img_20190208_233259_2
AP改造赤道儀(携帯用モバイルバッテリー使用 レンズヒーターも)

 


Photo_3

もっと~

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

2019年2月13日 (水)

冬銀河のリベンジは負け

言い訳は後にして、今度こそはと出撃した遠征の結果をまず披露します。

Fap
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2019/2/8  20:40
焦点距離: 15㎜ シグマ対角魚眼 F3.2(F2.8)
シャッター速度: 120秒×13枚
総露光時間 26分
ISO感度: 1600
撮影場所:長野県大鹿村
画像処理ソフト:Stellaイメージ8 PhotpshopCC(CameraRaw)
FlatAide

オリオン座付近の赤い星雲の様子は分かります。F3.2の26分露光ではこれぐらいの出来上がりが限界でしょうか。暗いはずの空は薄雲に飯田の明かり(右下)が反射して期待外れでした。でもいい条件で1時間~2時間露光すれば、目指す写真は撮れそうな予感がします。今春最後のチャンスは3月初めです。

没画像
Img_4131
雲が時々流れて来ます。

元画像
Img_4143
右下は西寄りの飯田の光害です。雲が在るとさらに明るくなります。
 

FlatAideを使ってみました。星を消去した画像です。まだ輝星が取り切れていませんが、Photoshopに持っていって画像処理に使いました。
Psst8_sd_sl

 


Img_20190124_085740

言い訳は聞き飽きた?デリカシーのない猫です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村

より以前の記事一覧