気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

2017年7月22日 (土)

夜明けの月と星食

7月20日明け方4時過ぎの月です。高度35度と比較的低い高度ながら自分史上最高のシーイング(8/10)でした。

Img_78732
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/07/20 04:24
焦点距離: 1100mm TOA150
シャッター速度:  0.017s  (1/60)
ISO感度: 400

大気に揺らいでいる月面はいつも諦めながらの観望ですが、今回は余りにも鮮明なので食い入るように見てしまいました。

Img_78733_2
トリミング

ここで特に目立つクレーターは「アリスタルコス」。発光現象が見られることで有名。原因はアルゴンガスの噴出だそうです。月周回衛星かぐやの動画はこちら
 

ちょうど、おうし座の3.4等星(θ2)が月に隠される星食という現象に遭遇しました。

Img_7873
トリミング

Img_78812
カメラ: Canon EOS 60D
撮影日時: 2017/07/20 04:37
焦点距離: 1100mm TOA150
シャッター速度:  0.008s  (1/125)
ISO感度: 400

空が白んできました。

Photo
動画より 4:40頃

動画に切り替えましたが、写真にすればよかったです。

Photo_2

 

cat
Img_20170709_120224


手探り(前足探り?)

2017年7月20日 (木)

おぼろ月

7月18日明け方の月です。薄雲越しの朧月でした。

Img_7852_3
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/07/18 03:31:59
焦点距離: 1100mmTOA150
シャッター速度:  0.013s  (1/80)
ISO感度: 1600



雨の海の「虹の入り江」の夕暮れです。境界線上にあるクレーターは「コペルニクスです。直径93㎞。(富士山頂から新宿駅までが約95㎞)

Img_6560


cat
Img_20170709_120246

何かいる?

2017年7月 5日 (水)

暗い空の天の川比べ

比較的暗い空が望めるために、撮影ポイントになっている場所がいくつかあります。そこで撮ったはくちょう座付近の天の川を並べてみました。撮影当日の天候や時間帯、機材の条件などが違うので単純に比較は出来ませんが、おおよその感じは分かると思います。いずれもポラリエで追尾撮影をしています。Jpeg一枚をNik CollectionのVivezaで同じ程度に色調調整しました。

みずがき湖 
75ps
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/07/05 03:01:19
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE (F2.8)
シャッター速度: 2分30秒
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
PhotpshopCC(Nik Collection)
台風3号が通り過ぎた直後で、雲がまだらに残る空でした。

高遠 (下山田付近の田んぼ道)

529ps
カメラ: Canon EOS Kiss X5(改)
撮影日時: 2017/05/29 03:03:09
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE (F2.8)
シャッター速度: 2分30秒
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
PhotpshopCC(Nik Collection)
割りと暗いのですが、薄雲があってこの場所としては透明度があと一歩です。

鹿嶺高原

63ps
カメラ: Canon EOS Kiss X5(改)
撮影日時: 2017/06/03 03:03:46
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE (F2.8)
シャッター速度: 2分
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
PhotpshopCC(Nik Collection)
透明度はまずまずでしたが、ピントが甘くなってしまいました。

大鹿村

530ps
カメラ: Canon EOS Kiss X5(改)
撮影日時: 2017/05/30 01:41:55
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE (F2.8)
シャッター速度: 3分30秒
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
PhotpshopCC(Nik Collection)
夜半までガスが沸いていましたが、明け方にかけて次第に晴れてきました。

こうしてみると、天頂付近や高度が高い領域なら、撮れる画像に大きな差は無いようです。目標の天体の高度、撮影場所の気象状況、体調などで妥当な撮影場所を決めることになりますが、近い方がいいのは言うまでもありませんね。






2017年6月28日 (水)

天の川と躍り上がるさそり

早い時間帯に低い天の川を撮ってみました。あいにくこの日は低空に薄雲が漂っていて、超低空の天の川の撮影には不向きでした。やはり、この時間帯は空の明るさが気になります。それにしても、梅雨の真っただ中でこのような写真が撮れるのは幸運です。

42
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/06/19 21:59~
撮影場所:大鹿村
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE F2.8
シャッター速度: 90.0s  ×17コマ= 総露出時間25分30秒
ポラリエで追尾
絞り: f/2.8
ISO感度: 1600
コンポジット後の画質調整は手動モードに切り替えて、従来通りの方法で
デジタル現像まで。
PhotpshopCC 色調補正ほか (フィルターでCameraRaw使用)

立ち上があったさそりの姿です。毒針を振りかざして少々危なっかしいですが、生き生きとしていいですね。真夏の夜の夢。飽きずにいつまでも眺めていられます。この晩も、同業者と途中まで一緒でした。一発撮り専門だそうで、その場でカメラのノイズリダクションを使われておりました。そういう方法もありなんですね。

Rn5e2td



元画像はこちら。
Img_7443


 

cat
Img_20170615_103516_2

何か見つけたようです。

2017年6月23日 (金)

梅雨時のアンタレス付近 

青い馬星雲を慌ただしく撮った後に、本命のアンタレス付近を撮りました。今年初めての撮影です。去年の5月に撮った「アンタレス北」の画像と比べると、色彩はより豊かに表現できたと思います。欲を言えば、青がもう少し出てくれるといいのですが。これからは画質を更に上げて行きたいです。

Ps5_2
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/05/30 01:39~
焦点距離: 255mm 望遠鏡 FS60CB F4.2 レデューサー
シャッター速度: 180.0s  ×21コマ= 総露出時間63分
ISO感度: 3200
赤道儀 AP-WM ノータッチガイド 全コマ採用
ステライメージ8 自動モード(今度はコンポジットがうまくいきました) 
コンポジット後の画質調整は手動モードに切り替えて、従来通りの方法で
デジタル現像まで。
PhotpshopCC 色調補正ほか (フィルターでCameraRaw使用)
トリミングあり

元画像はこちら。
Img_7118

ガスが谷底から沸いていたので、透明度はあまり良くなかったかもしれません。

ところで、撮影したのは梅雨入り前でしたcoldsweats01

cat
Img_20170615_140756_2

お気に入りのフェルトの上で、上機嫌のチョコ。

2017年6月18日 (日)

青い馬星雲 さそり座

さそり座の頭の上にあって、凄く淡いですが非常に美しい星雲です。小口径の望遠鏡で短時間の露光で撮影しました。やや無謀な試みかもしれませんが、この時期この撮影場所の条件の良さを生かしたくて筒を向けました。

Ps5
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/05/30 00:50~
撮影場所 大鹿村
焦点距離: 255㎜ 望遠鏡 FS60CB レデューサー使用
シャッター速度: 180s ×12コマ= 総露出時間36分
ISO感度: 3200
ステライメージ8 詳細モード(自動モードではコンポジットがうまくできません) 
コンポジット(12コマ) と画質調整
PhotpshopCC 色調補正 CameraRaw
トリミングあり

それなりに写りました。青と分子雲のグラデーションが美しい星雲ですが、これ以上強調すると鑑賞に堪えないので妥協しました。オートガイド無しのAP赤道儀は、この焦点距離で3分の露出となるとさすがに流れます。枚数を倍にすればもう少し行けましたね、きっと。でも、アンタレス周辺も欲張ったので、中途半端な時間になってしまいました。次につなげたいと思います。

元画像はこちら。
Img_7100_2


 

cat
Img_20170615_103511

最近は玄関のげた箱の上に居座っています。

2017年6月15日 (木)

M8M20の星雲の広がり

少し時間が経ちましたが、AP赤道儀で追いかけた天の川中心部の星雲たちです。追尾精度がイマイチだったAP赤道儀ですが、三脚に重りをぶら下げてみたらかなり安定しました。拡大するとわずかに流れたコマもいくつかありましたが、ほとんど使えるレベルでした。

Psm8m2073
カメラ: Canon EOS Kiss X5(改)
赤道儀 AP-WM ビクセン
撮影日時: 2017/05/28 02:37~
撮影場所 大鹿村
焦点距離: 255mm 望遠鏡 FS60CB レデューサー使用
シャッター速度: 105.0s  総露出時間36分45秒
ISO感度: 3200
ステライメージ8(自動モード) コンポジット(21コマ) と画質調整
PhotpshopCC 色調補正 CameraRaw

Psm8m20kaisetu

星雲たちを際立たせるため、天の川の赤っぽい色合いと星数を意図的に押さえましたが、どうでしょうか。M8(干潟星雲)の東にも小さいですが赤と青の星雲が三つあって興味を惹かれます。シャープレスカタログの番号が付いています。M20(三裂星雲)もこれくらいの大きさだと、三裂に見えますね。青い星雲がぐるっと取り巻いている様子が分かります。

元画像はこちら。
Img_6996


 

cat
Img_20170614_175919_3


夜中に暴れて昼は寝る。

2017年6月 9日 (金)

最小の満月 オベリスクに沈む

今朝、今年最小の満月が南アルプス地蔵岳の山頂に沈んで行きました。山頂の岩塔は「オベリスク」と呼ばれています。30秒ごとの月没の様子です。

1_3
2017/06/09 3:50:00

2_3
2017/06/09 3:50:30

3_2
2017/06/09 3:51:00

4_2
2017/06/09 3:51:30

撮影データ
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/06/09 03:50:00
焦点距離: 1100mm TOA150
シャッター速度:  0.006s  (1/160)
ISO感度: 200
ステライメージ7 レベル補正

遠くからもよく見える地蔵岳の山頂にある岩塔「オベリスク」は、瑞牆山の岩塔「おおやすり岩」と同じ花崗岩で出来ています。長い年月を掛けて浸食が進むと、地蔵岳も瑞牆山の様な山容になるかもしれません。

Jizougatake_south_alps_2
ウィキペディアより。

 

去年11月のスーパームーンとの比較です。
Photo

同じ光学系で撮っています。こんなに違うんですねcoldsweats02

 

cat
Img_20170601_145933

おっ!

2017年6月 4日 (日)

天の川銀河中心部

広角レンズで撮影した画像からの切り抜きです。
40㎜ぐらいの画角でしょうか。

Ps213
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/05/28 星空追尾 00:54~1:34
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE F2.8
シャッター速度: 120.0s ポラリエで追尾
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
ステライメージ8 コンポジット(手動モード) ×21コマ 
PhotpshopCC 色調補正 CameraRaw
トリミング

2_2


Si3_3

天の川中心部は迫力ありますね。暗黒星雲もモクモクですが、星の色もカラフルで見ごたえあります。せめて標準レンズに交換して撮ればよかったと思います。
天の川も段々見慣れてきましたが、色合いの多彩さ、場所によって濃淡の差があるので、画像処理にもそれなりのコツがありそうです。また、ちゃんとしたレンズも欲しくなってきました。天の川はこれで一旦お終いにします。

cat
Img_20170601_150301

ベールの向こうにはいるのは誰?

2017年6月 3日 (土)

南天の天の川 星景写真風

大鹿村で撮った南天の天の川を、星景写真の手法で仕上げてみました。星景写真と言っても、南アルプスの山並みがわずかに写っているだけですsweat02星空を追尾して撮影すると山は流れて写ってしまうのですが、Photpshopのマスクで流れた山を隠して、固定撮影の流れていない山の景色と合成しました。

5ps2_4
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/05/28 星空追尾 00:00~0:04
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE F2.8
シャッター速度: 120.0s ×2 ポラリエで追尾
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
ステライメージ8 コンポジット(自動モード) 2コマ 
PhotpshopCC 色調補正 CameraRaw

景色 固定撮影
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/05/27 23:57
焦点距離: 15mm
シャッター速度: 120.0s 
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600

南アルプス南部の3000m峰と天の川のコラボは新鮮です。残雪の山が綺麗ですね。体力があるうちに、ポラリエとカメラを担いで山懐に分け入ってみたくなりました。こうしてみると分子雲が結構広範囲に分布しているのですね。

撮影方向が南なので、追尾した星空の画像に写った山の景色が、左側が沈み右が立ち上がってくる現象が起きます。山と星空の境界がダブって不自然になるので、そこは修正しました。

星空は2分2枚でわずか4分の露光です。これをレタッチしてこねくり回したので、ちょっとノイジーな天の川になってしまいました。赤い濁りを消すため青っぽくしましたが、まだ赤いでしょうか?後で見るとまた直したくなるかもしれませんが、きりがないので今回はこれで仕上げとします。

元画像はこちら。
Img_6957
星空用 追尾撮影(2分)

Img_6955
景色用 固定撮影(2分)
明度を上げて、山の残雪をあぶりだしました。

マスク
Img_69552

 

 

参考:景色を合成していない星空優先の画像。
Si3_2
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/05/28 星空追尾 00:00~
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE F2.8
シャッター速度: 120.0s ポラリエで追尾
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
ステライメージ8 コンポジット(手動モード)×10コマ 
PhotpshopCC 色調補正 CameraRaw
合計20分露光

 

cat
Img_20170601_145959

サッシの上のチョコちゃん。

より以前の記事一覧