気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

2017年5月25日 (木)

薄明の天の川 in 大鹿村

前回の記事の続編です。撮影日の薄明開始時刻は2時53分でした。その30分後、すこし白んできたの南天の天の川です。

Ps2
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/05/23 03:17~03:27
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE F2.8
シャッター速度: 60.0s  ポラリエで追尾。
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
ステライメージ8 コンポジット(自動モード)10コマ 明るさ コントラスト
PhotpshopCC 色調補正 CameraRaw

横構図で撮ってみました。山の稜線を多く入れることで、低空から明るくなってくる薄明らしい情景が表現できるのではないでしょうか。右下の明るさは飯田方面の町明かりと昇ってきたガスの影響だと思います。

解説付き

Photo_5



元画像はこちら。
Img_6894_2

彩度を落として肉眼での見え方を再現してみました。天の川は実際にはボーっと白く光って見えるのですよね。
Photo_4


撮影範囲
Photo_2
星図の撮影範囲は少し狭くなっています。

2017年5月23日 (火)

南天の天の川 in 大鹿村

これほど見ごたえある星空を眺めたのは、一体どれほど昔だったでしょうか。中々会えなかったモクモクと雲のような天の川に会うことが出来ました。いて座からさそり座の天の川は、期待通りのものでした。

New3
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/05/23 03:03
焦点距離: 15mm SIGMA  FISHEYE F2.8
シャッター速度: 60.0s  ポラリエで追尾。
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600
ステライメージ8 コンポジット(自動モード)10コマ 明るさ コントラスト
PhotpshopCC 色調補正 CameraRaw
トリミング 地上部分が多すぎてカットしたため。

諦めていた南天の天の川を撮ることが出来ました。低空はややガスっていたものの、満天の星空に包まれて、幸福感を感じることが出来ました。綺麗な星空は、取りに行かなくては中々得られないものですね。

元画像
Img_6874

モニターでは十分明るく見えたのですが、やや露光不足の様です。実際ヒストグラムもピークは左よりでした。暗い空で撮った画像は補正が楽ですね。ピンチだったのは、ポラリエの電源が入ったままで完全に放電していた事です。替えの単3電池もなく、ヒーター用のバッテリーとつなぐコードも忘れました。たまたま単4電池があったので、電池ボックスのスプリングを延ばして接触させ代用出来ました。

Img_6869

こちらは、ISO3200で2分。逆にオーバー気味でしょうか。

2017年5月12日 (金)

南の天の川を写したい。

いて座付近の濃い銀河やさそり座のカラフルな星雲たちを広角で撮ってみたい気持ちはずっとあるのですが、山梨県北杜市からは甲府盆地の町明かりが強くてどうにもなりません。

Img_64823_2
カメラ: Canon EOS Kiss X5(改造)
撮影日時: 2017/05/05 03:45:01 薄明
焦点距離: シグマ15mm
シャッター速度: 30.0s 
絞り: f/4.0
ISO感度: 1600
PjotoshopCC レンズ補正
ステライメージ8 周辺減光 色かぶり補正 

みずがき辺りの場所なら山に囲まれているので、町の明かりが遮られて星空は大分暗くなるのですが、低空となると条件が整うのは中々難しいと思われます。南の天の川を撮るなら、やはりどこか遠くへ行かないといけませんね。

元画像
Img_6482

薄明中ですが、それにしても変な色かぶりで修正の仕様がありません。
写真右下の山中の明かりは、甘利山に夜景撮影に来た人の車のライトでしょうか。

 

2017年5月 7日 (日)

三裂星雲 ジェットが見えた。

今回撮影した三裂星雲のトリミング画像に、ハッブル宇宙望遠鏡の画像で知られているジェットが写っていました。

有名なハッブルの画像。
Hs199942afull_jpg
オリジナル画像を45度回転し、ジェットに矢印を付けました。

このジェットの長さは3/4光年(0.75光年)だそうです(Wikipedia)。太陽から太陽系の端のオールトの雲(の真ん中)まで1光年ぐらい?とすると凄い長さです。
怪しい計算ですが、太陽から海王星までの距離の1600倍以上になります。

撮影したトリミング画像。
Photo
ハッブルの画像はひし形の枠で囲った部分です。

さらに拡大
32

ちょっと苦しいでしょうかsweat01(Google Nik Collectionでノイズ低減)

 

次に、もし暗黒星雲が赤い輝線星雲の前を横切っていなかったら・・・
三裂星雲から手前の暗黒星雲を取り去ってみました。


Photo_2

平坦になってしまいました。まるで桜大福ですね。

ユニークな形から色々なニックネームが付けられ、私たちを楽しませてくれる星雲たちは、みんなこの暗黒星雲のお陰ですね。(三裂星雲、北アメリカ星雲、馬頭星雲、バラ星雲、コーン星雲等々)

2017年5月 3日 (水)

NGC4725 かみのけ座

何か撮っていない天体はないかステラナビ上で探していたら、大きさも光度も丁度良い銀河を見つけました(視直径11′光度9.2等)。NGC4725はかみのけ座で有名な黒目銀河M64のそばにあります。銀河の中心核が極端に明るく大質量ブラックホールがあるセイファート銀河に分類されています。距離4000万光年。

Si2
2017/04/19 21:28 EOS60Da/TOA150 1100mm/ ISO1600
8分×2コマ、9分×1コマ、11分×3コマ、14分×8コマ 総計2時間50分
Stellaイメージ7 PhotshopCC(CameraRaw)

始め薄雲が在ったのか空の明るさがどんどん変化しました。またかなりの強風でしたが、枚数だけは稼ぐことが出来ました。

トリミング画像
Photo

渦巻銀河ですが形が変わっていますね。中間棒渦巻銀河だそうです。おおぐま座のM109に似ています。顕著な腕は無くて中心核の周りをドーナツ状の円盤が取り巻いているように見えます。その中に青い筋がいくつも見えていて興味深いです。

 スッキリしない空がず~っと続いています。最近の気候を考えると、もしや11月までまともな撮影が出来ないのではないかとさえ思ってしまいます。しかし、それなら多少条件は悪くても、コツコツ実績を積み重ねてチャンスに備えるべきと考えれば、多少モチベーションも上がるでしょうか。

2017年4月20日 (木)

桜星景in北杜

夜明け前、月が昇り風も収まりました。
薄雲も流れていましたが、今年初の桜星景を撮ることが出来ました。

Img_6511_3
カメラ: Canon EOS 60Da
ソフトウェア: Adobe Photoshop CC 2017 (Windows)
撮影日時: 2017/04/20 03:40:43
焦点距離: シグマ15mm
シャッター速度: 19.0s 
絞り: f/2.8
ISO感度: 1600

西に傾くうしかい座のアルクトゥルス。桜の木の向こうには
木星が輝いています。


Img_65203_3
カメラ: Canon EOS 60Da
ソフトウェア: Adobe Photoshop CC 2017 (Windows)
撮影日時: 2017/04/20 04:02:10
焦点距離: 15mm
シャッター速度: 30.0s 
絞り: f/3.2
ISO感度: 1600

薄明開始は3:36です。いつの間にかずいぶん早くなってしまいました。
薄雲が西から次々流れて来るのと、下弦の月がすぐ左(東)に迫って
いるので、天の川も霞んでしまいます。

Photo

2017年4月13日 (木)

パール富士 山中湖にて

今朝の山中湖からは、満月が富士山頂に乗っかる「パール富士」が見られました。

山中湖の「きらら」の手前の駐車場に着くと、ちょうど山頂付近が赤く染まっていたので、慌ててシャッターを切りました。

52233
2017/4/13 5:22 EOSKiss DigitalX 75mm ISO800 1/250s

湖畔に着くと、すでにあちこちでカメラを構えている人たちがいます。
慣れている人たちはもっと南の岸辺に陣取っていました。そのほうが月が山頂の中央よりに沈みます。時間もないのでそのまま望遠鏡(FS60CB)をセットしました。

53904
2017/4/13 5:22 EOS60Da/FS60CB/255mm/ ISO100 1/800s

53931


54242
5:42 乗りました!

54320


54406


54440

パール富士は初めてですが、中々きれいですね。中央右よりの小さな尾根が登山道です。山小屋も見えています。雪崩の跡もありますでしょうか。
気温は道路の表示で0℃でした。


以下望遠レンズで撮影。

Img_6362
5:38 EOSKiss DigitalX 135mm ISO400 1/2000s F5.6

53919_2
5:39 EOSKiss DigitalX 65mm ISO400 1/2000s F4.5

2017年4月12日 (水)

満月、古城

今朝の沈む満月です。南アルプスの小さな山頂を包み込んで没しました。

Img_6319


Img_6330
2017/4/12 5:31 EOSKiss DigitalX/200mm/ ISO800  1/800秒

武田信玄の庶子、勝頼が築城した新府城が天空の城になっていました。

Img_6338


Img_6340


甘利山は、すぐ近くまで林道が通っているので車で行けます。
甲府盆地の夜景やつつじの名所として知られています。

2017年4月11日 (火)

M101 回転花火銀河 その2

4月4日の明け方に80分ほど撮影できたので、前回の画像に加えました。

M101siage

 前回はコントラストを上げすぎて荒れたので、今回は気をつけて処理しました。総露出時間は3時間50分となりましたが、これ以上増やしても変わらないのではと思いました。多くの時間を掛けても、透明度の良くない日の成果はそれなりのものだというのが結論のような気がします。
 しかしノートPCで見ると、モニターの角度によって画のザラザラが凄くてびっくりですsweat01

 

cat
Img_20170213_193506_resized_2017041

2017年4月 6日 (木)

4/3 明けのジョンソン彗星

 購入5年のデスクトップが壊れかかっており、ネットにつながらず増設ハードディスク(星の画像データ)も認識できなくなりました。望遠鏡コントロール用のノートからのアップです。

 せっかく晴れた4月2日の晩は寝落ちしてしまいましたが、明け方にぎりぎりで彗星(C/2015 V2 )を撮る事は出来ました。

Ps2
2017/04/03 4:13 EOS60Da/TOA150 1100mm/ ISO3200  180秒×5コマ 
Stellaイメージ7 PhotshopCC(CameraRaw)

トリミング画像
Ps3

 気のせいか、左上に向かってイオンテールが伸びているように見えますがどうでしょうか。画像を反転しても、それらしきものはハッキリしません。

Photo

より以前の記事一覧