気象

GPV

フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

彗星

2017年9月29日 (金)

29日のエイサスエスエヌ彗星

恒例の薄明時撮影です。この晩は久しぶりに銀河を撮ろうとしたのですが、意地悪な雲にやられました。オートガイドまでセットすると雲が湧いてくるのです。水蒸気が多いのでしょうか?流れて来るというより、もわ~っと薄雲が広がったかと思うと中々どいてくれませんsweat01結局ターゲットは再び彗星となりました。

Si3
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/09/29 03:51
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 240.0s
コンポジット枚数:6枚 
露光時間計:24分 
ISO感度: 3200
Stellaイメージ8 メトカーフコンポジット デジタル現像他

Si4

今回は短めの4分露光です。少し枚数があるのでまずまずでしょうか。4時の方向に、何となく褐色がかった尾が伸びているように見えます。

 

cat まどろみの窓際
Img_20170929_101745


Img_20170929_101750

2017年9月28日 (木)

26日のエイサスエスエヌ彗星(C/2017 O1)

明け方のみ雲が引くお天気がずっと続いています。長時間露光は出来ないので、星雲星団は諦めて彗星のみ対象にしています。少し出遅れて薄明時の撮影になりました。

Ps3
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/09/26 04:14:11
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 360.0s 
コンポジット枚数 3枚 計18分
ISO感度: 3200

Ps32

核は明るいですが、それに比べると尾の方は相変わらず淡いです。あまり変化は見られませんね。すこし薄雲があったかもしれません。6分の露光は長すぎたでしょうか。前回(21日)より焦点距離は長くなっています。

Photo
2017/09/26 04:14

2017年9月 3日 (日)

パンスターズ彗星(C/2015 ER61) 拡大編

今朝、月が沈んでから薄明直前のわずかな時間に撮影したものです。

Er612
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/09/03 03:55
焦点距離: 1100mm
鏡筒:TOA150
シャッター速度: 360s  ×3コマ
総露光時間 18分
ISO感度: 3200
Stellaイメージ8 PhotpshopCC

相変わらず尾は淡いです。でも核は小さいながらもしっかりしてます。

Photo

画角の傾きを逆にしていましたsweat02

今朝はうちの気温計で11℃でした。半袖半ズボンではさすがに涼しくなりました。

2017年6月 7日 (水)

ジョンソン彗星 6/5

雲の多い夜でした。月が沈んで20分後、晴れ間を狙って久しぶりにジョンソン彗星(C/2015 V2)を撮りました。

Ps
カメラ: Canon EOS 60Da
撮影日時: 2017/06/05 02:26~
焦点距離: 1100㎜ TOA150
シャッター速度: 240.0s 
ISO感度: 3200
ステライメージ8 コンポジット 9コマ(手動で基準点設定)
PhotoshopCC 色彩協調等 
ノータッチで少しガイド不良あり

イオンテール(アンチテール?)は確認できません。淡いながらならも尾は健在です。薄雲越しの撮影のせいか、彗星らしい色味が出て来ません。月が近いこともあります。梅雨の晴れ間にまた撮影できるでしょうか。(本日梅雨入りしました。)

ところで、ステライメージ8の自動モードでコンポジットすると、なぜか色落ちしてしまいます。

New1

自動モードでメトカーフコンポジットは非常に便利で楽出来るのですが、仕上がりがいまいちです。広角のコンポジットでも周辺がおかしくなったし、どこか間違った使い方をしているのでしょうかgawk

cat
Img_20170601_150428

ベールの影の主は・・

2017年5月21日 (日)

5/20 ジョンソン彗星

現在うしかい座を航行中のジョンソン彗星(C/2015 V2)ですが、まだ明るくなりつつあるようです。薄明終了の20時半頃で、高度が60度以上あるので好条件です。透明度があまり良くない晩でしたが、天頂付近に在ったので撮影してみました。

2_2
撮影日時: 2017/05/20 23:22
直接焦点撮影 TOA150 1100mm
カメラ: Canon EOS 60Da
シャッター速度: 180.0s 
ISO感度: 3200
10コマコンポジット
ステライメージ8 メトカーフコンポジット 
PhotoshopCC 色彩協調等

月の影響もあるかもしれませんが、尾が思った程写りが良くありませんでした。色彩も強調しましたが、あまり彗星らしい青さがないです。
それにしても、ステライメージ8はすごいです。メトカーフコンポジットを試しましたが、自動で綺麗に揃えてくれました。基準点を設定する手間が減り、かなり楽になりました。

元画像
Photo

2017年4月 6日 (木)

4/3 明けのジョンソン彗星

 購入5年のデスクトップが壊れかかっており、ネットにつながらず増設ハードディスク(星の画像データ)も認識できなくなりました。望遠鏡コントロール用のノートからのアップです。

 せっかく晴れた4月2日の晩は寝落ちしてしまいましたが、明け方にぎりぎりで彗星(C/2015 V2 )を撮る事は出来ました。

Ps2
2017/04/03 4:13 EOS60Da/TOA150 1100mm/ ISO3200  180秒×5コマ 
Stellaイメージ7 PhotshopCC(CameraRaw)

トリミング画像
Ps3

 気のせいか、左上に向かってイオンテールが伸びているように見えますがどうでしょうか。画像を反転しても、それらしきものはハッキリしません。

Photo

2017年3月 2日 (木)

ジョンソン彗星(C/2015 V2) 2月27日未明

27日の薄明中に撮りました。スタートが出遅れてしまい、2枚しか採用できませんでした。

Jonh
2017/02/27 05:12 EOS60Da ISO3200 3分×2コマ
TOA150 770㎜ ノータッチガイド Stellaイメージ7 PhotshopCC (CameraRaw)

やはり、前回と殆ど変わりが無いように見えます。今後も追跡します。

 

cat

Img_20170212_213319



2017年2月26日 (日)

24日未明の45P/本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星

少し時間が経ってしまいましたが、24日未明に撮影した45P/本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星です。撮影時間は短時間の方が良いらしいので、高感度(ISO6400)2分で撮りました。

Ps3
2017/02/24 02:34 EOS60Da ISO6400 2分×16コマ
TOA150 770㎜ RD ノータッチガイド Stellaイメージ7 PhotshopCC (CameraRaw)
核基準でコンポジット トリミング

Pshannten
反転してコントラストをアップしました。

右の尾はダストテイルの様な広がりを見せています。
前回の撮影の時と随分違います。彗星はこの意外性と激しい変化が面白いですね。

2017年2月22日 (水)

ジョンソン彗星(C/2015 V2) 2月19日未明

ジョンソン彗星です。前回撮ったのは16日前でした。あまり変わらない感じですがどうでしょうか。

Ps2
2017/02/19 EOS60Da ISO3200 3分×8コマ
TOA150 770㎜ ノータッチガイド Stellaイメージ7 PhotshopCC (CameraRaw) トリミング

小さくても尾はしっかり見えています。

Ps21
拡大画像

頭部付近は、ほんのり青緑色になっています。

Photo
夜明けの空には、夏の大三角が昇っています。

 

 

cat
Img_20170205_163801

2017年2月16日 (木)

宵のエンケ彗星

2月14日の夕方、西の空に沈みかけていたエンケ彗星を撮りました。薄明直後ですが、この時点で彗星の高度は15.2度の低空です。時間が経つにつれ大気の影響を受けて、彗星の像は霞んでいきました。

Ps2
2017/02/14 19:12 EOS60Da/TOA150 /f770mm RD 80秒 ISO1600 ×12コマ Stellaイメージ7 PhotshopCC トリミング 恒星基準でコンポジット

45Pと比べると、核の青がよく写りますが、拡大すると核の基準点を置くほどの集光でもありませんでした。

Photo


2

元画像はこちら。
Img_5516

 

cat
Img_20170213_193035

おもちゃのへびを巻いても平気。

より以前の記事一覧